朝刊配達スタッフ1名募集中!朝の時間を有効活用しませんか?

想いを「言葉」に。「青少年読書感想文コンクール」

青少年読書感想文コンクールとは?

青少年読書感想文コンクールは、児童生徒・勤労青少年を対象に、読書活動の振興等を目的に1955 年に始まった息の長い読書運動で、その成果は高く評価されています(勤労青少年の部は59回まで)。
全国学校図書館協議会と毎日新聞社の主催で、各都道府県学校図書館協議会の協力を得て毎年開催しています。


このコンクールは、個人応募ではなく、学校単位で参加をします。
各学校で読書指導の一環として書かれた感想文は、校内審査、地区審査、都道府県審査により都道府県代表作品となり、中央審査会に送付されます。
中央審査会では、「読書感想文審査基準」に基づいて審査の上、内閣総理大臣賞、文部科学大臣賞、毎日新聞社賞、全国学校図書館協議会長賞、サントリー奨励賞を選考し、2月に行われる表彰式で授賞をします。
入賞作品は、読書感想文集「考える読書」(毎日新聞出版刊)として刊行されます。
日本全国、また海外の日本人学校からも、多くの作品が応募されています。

想いを「言葉」に。言語化する力を養おう!

読書は、新聞と同様新しい知識や言葉、表現との出会いの場です。
知っている知識や言葉や表現が多ければ多いほど、コミュニケーションはスピーディに円滑になります。
また、自分の想いが言語化できるようになれば、理性的な人格形成の一助になります。
想いが言葉にできなくなることによって、ふさぎ込んだり、癇癪を起すようなことがなくなります。

そして、本や新聞は読むだけではなく、その内容を話したり書き出したりしてみましょう。
所謂このような「アウトプット」することによってさらにそれらは脳や身体に習慣として定着します。

表現は自由です。ぜひこのようなコンクールを活用して「言語化力」の向上にお役立てください。

詳しくはホームページへ

コンクールにご参加される児童様・学校などの教育機関のみなさまは下記のサイトからお申し込みください。